部分的にカバーする

化粧品

メイクをしていて一部分だけ気になるというときに活躍してくれるのがコンシーラーです。しかし、このコンシーラーを上手く使えていないという人も少なくありません。まずは、その本来の役割を理解してメイクに役立てましょう。コンシーラーは、ファンデーションだけでカバーすることができない部分を上手く隠すためのものです。部分的に塗るためのファンデーションとも言えるでしょう。使うときは下地やリキッド状のファンデーション次に使うといいでしょう。パウダーファンデーションやフェイスパウダーの場合はその前に使用するのが一般的です。液体状の化粧品の上にコンシーラー、そしてその上に粉状の化粧品を使うという流れになります。

コンシーラーを使うときにどの部分に使うのか、どんな悩みをカバーしたいのかで塗り方や使う種類が違ってきます。例えば、目元のくまを薄くしたいという場合はリキッドやクリームのように伸びやすいタイプのコンシーラーを使うといいでしょう。それを、気になる部分に少しずつ乗せていきます。その後、手やスポンジで上からポンポンと優しく叩いてなじませるのです。また、シミやそばかす、ニキビ跡をカバーしたい人は固いペンシルやスティックのコンシーラーがおすすめです。気になる部分よりも少し広い範囲に乗せて、なじませるのがポイントになります。この他にも、使い方によって小鼻や口元のくすみ、ほうれい線などをカバーすることができるでしょう。