綺麗な肌のためにクレンジングや洗顔の仕方に注意しよう
女の人

肌のコンディション

ニキビを改善、予防するためにスキンケア化粧品を見直しましょう。とくに化粧水の成分をきちんと調べることが大切です。ビタミンC誘導体が含まれるものならニキビだけでなくニキビ跡にも効果が期待できるでしょう。

やり方を見直す

洗顔

綺麗な肌を保つのには美容成分が必要不可欠だと考えている人は少なくありません。それは間違いではありません。しかし、それ以外にも肌の調子を整えるための方法はあります。例えば、毎日のスキンケアを丁寧に行うということです。スキンケアというと化粧水や乳液で肌を整えることを思い浮かべるかと思いますが、それ以前の洗顔やクレンジングも肌に大きな影響を与えているのです。まずは、洗顔やクレンジングの方法から見直してみましょう。

クレンジングを行うときは力を入れずに、メイクに馴染ませてから優しく落としましょう。綺麗に落としたくてクレンジングに時間をかけるという人もいるようですが、あまり長くクレンジングをすると乾燥や肌荒れにつながってしまうので注意が必要です。ある程度馴染んだらすぐにぬるま湯ですすいで洗い流すようにしましょう。
洗顔の正しい方法を知らずに肌へダメージを与えているという場合があります。例えば、洗顔フォームをよく泡立てずにそのまま顔に付けてしまうということは、肌に良いことではないのです。泡立てずに洗顔を行うと、肌の上で指を使って泡立てなくてはいけません。そうすると肌に余計な摩擦が加わりダメージになってしまうのです。また、洗顔料の中には汚れを落としやすくするために強い洗浄成分が配合されているものがあります。これも肌には大きな負担となってしまうのです。肌に優しくつくられている洗顔用の石鹸や無添加の洗顔フォームを選ぶようにしましょう。

美容液

しわやたるみに効く

若々しくいるために必要な成分は化粧品で補うことができます。幹細胞化粧品というものには幹細胞を増やす培養液が含まれており、それによってしわやたるみの改善ができるようになりました。

化粧品

部分的にカバーする

肌の一部分だけをどうにかしたいというときに頼れるのがコンシーラーです。ファンデーションで隠せなかった悩みをカバーするもので、使い方や種類を変えることで目の下のくまやニキビ、くすみなどを隠せます。